カテゴリ:ワイン( 75 )

定例ワイン会 北イタリアのワイン持ち寄り 2015年4月10日

2015年4月10日
月2回実施の定例ワイン会に参加しました。
会費3000円で1人1本ワインを持ち込んで飲み比べるという企画。
毎回何らかのワインのテーマがあって、今回は「北イタリア」でした。
えーー北イタリアですか?
どこ?

ここです。
リンクをクリックください。
Wikipedeaより「北イタリア
ピエモンテ州、ヴァッレ・ダオスタ州、リグーリア州、ロンバルディア州、エミリア=ロマーニャ州、ヴェネト州、トレンティーノ=アルト・アディジェ州、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州
これら州がどこかといいますと、ここです。
イタリアの州「イタリアの地方行政区画
バローロ、バルバレスコといった銘醸地もありますし、ほかにも銘醸地は多いですが個人的には、トスカーナが含まれていないのが・・・
と思いましたら、今回の例外措置としてスーパータスカンならOKだそうです。笑


私が持って行ったワインは
ルケ
ルケ・ラチェント 2008 ピエモンテ州のワインです。
正直なところ、このラチェントですが、ネットで購入した人の感想を見るとその評価が分かれてます。
私自身、購入して、すぐ飲んだら、香りがすごく立ち、濃厚なタイプでした。正直くどくて
「苦手だった。」
ただ、ルカ・マローニ98点という偉大な点数なので、私以外のほかの方の感想は違うかもしれないし
と思って持っていくことにしました。
それと、北イタリアのワインそんなに手持ち多くないのも理由の一つです。
しかし、その5年くらい前に飲んだ感想は良い意味で覆された。
出されたワインは以下の画像の通りです。
今回は私の好み的にも合い、素晴らしいワインがそろってたと思います。
一部画像のピントが合っていなくてすみません。

まずは、こんな持ち込みをされた方がいらっしゃいした。
a0001812_22385922.jpg

ハムです。しかも、1本丸々(笑)
ハモン イベリコ豚ですよね。感激ですね。結構高かったんではないでしょうか?ごちそうになります。

私が持って行ったラチェント2008、このワインは評価が分かれており、売っているお店ですら
私の好みではないですが・・というようなコメントがあったりして、心配でしたが、
熟成させて、正解!
5年ほどですが、熟成した感じの素晴らしい香り、プラム、花の香りと大変いろんな香りがしました。
味も想像ではくどいかなぁ~と思ったのですが、エレガントに仕上がってましたね。
某サイトで購入してすぐ評価を記載されている人の多くに「私には合いません・・」的なコメントが見受けられましたが
当初私もそう思ってました。
ぜひ、しばらく寝かせてから飲んでみてください。とお勧めしたくなった。
多くの人から賛辞をいただき、ありがとうございました。
a0001812_22094609.jpg

ルーチェ 2000
これは目玉ですね。「何も言えねぇ~」という言葉を使わせていただきます。
a0001812_22094541.jpg

そのデキャンタしたところ
a0001812_22094668.jpg

カンテ ソーヴィニヨン セレツィオーネ 2006 白ですね。
ウリフリでしたか。このワイン。
複雑な香りで、実はもっとゆっくり飲みたいワインの一つ。きっとゆっくり飲むとさらによくなる。と私は思った。
果実味豊でふわっとした印象を持ちました。
a0001812_22122195.jpg

a0001812_22094506.jpg

a0001812_22094496.jpg

a0001812_22094451.jpg

ピエロパンのアマローネ2010
甘口ニュアンス、雑味のない飲み口で非常に良かったです。
私はこういうやや甘い感じのワインも好きなので、今回こんなワインがあってよかったと思いました。
雑味というか、引っかかりなく喉を通過する感じがよかったです。
a0001812_22094418.jpg

ピオ・チェザーレのバローロ 2004
個人的に、お気に入りワインの一つ
ファーストはタルのニュアンスが若干支配していたように思いましたが、その裏に隠れた深い味わい。
黒いベリー系の味わいがきっと出てくると思いました。ゆっくり飲むとその片鱗が現れだしたように
感じました。このワインもゆっくり飲みたい。
a0001812_22094430.jpg

a0001812_22094538.jpg


19:30~22:00でしたが、いつも食べ物が若干残る。
もう少しゆっくりしたいなぁ~30分でいいので。


[PR]

by hyottosai | 2015-04-11 22:43 | ワイン

池上のワイン会 サンタフェ


2015年4月27日
定例のワイン会に参加してきました。
テーマは「ボルドー」です。
毎回満席で好評のワイン会です。

会費3000円で1人1本持ち込むというスタイル。
今回ボルドーということで、ワイン選び悩みました。
悩んだあげく

ラントルディ ド バドン
というワインにしました。

このワイン、ヴィンテージは2000年でヴァランドローのテュヌヴァンがかかわっているという
ことで聞いただけでうまそうなワインですが、葡萄の収穫時期に雨よけのビニールシートで囲ったため
それが、違反だったらしく、ヴァンドターブル(テーブルワイン)となってしまったようです。
だからラベル上、ヴィンテージ名乗れません。

飲んだ感想は
味は、大変落ち着いているのですが、ちょっとボリュームにかけるかな。
確か、メルローとカベルネフランが半々

a0001812_18522220.jpg


以下は参加者がお持ちになられたワインですが、私も知らないワインが多くて
そしておいしくて、最後のほうは記憶があいまいで。。ラベルだけでごめんなさい。
a0001812_18524726.jpg

シャトー コス・デス・トゥルネル 1994 香りたまらなかったなぁ~
a0001812_1853137.jpg

a0001812_18544019.jpg

a0001812_1855163.jpg

a0001812_18552058.jpg

a0001812_18554135.jpg

プティ・シュバル シュヴァル・ブランのセカンド? おいしかったですよ。これも。
a0001812_18555595.jpg

シャトー ガフリエールにロゼあったんですね。
a0001812_18561930.jpg

私的にこのみ、下 クロ ナルディアン あのル・ドームを作り出すジョナサン・マルテュス氏の白
a0001812_18565047.jpg

a0001812_1857376.jpg



[PR]

by hyottosai | 2015-04-08 19:08 | ワイン

2015年3月16日 MINOBI(田町、三田)でワイン会


2015年3月16日 東京は田町または三田にある「MINOBI」というレストランでワイン会が開催され、参加しました。
コンセプトは
贈るための「ジャケ買いワイン」を1人1本持ってきてください。
です。

会場のMINOBIさんは、augoutdujour-groupで非常に評価が高いレストランです。
(食べログなど)
このMINOBIさんでテーマでもある、ジャケ買いのワインを持ち込みでワイン会を実施しますが、この日は、グループの代表でもある岡部さんのサービスもあり、最高のワイン会になりました。

料理は4品+食後の飲み物
ワインは8本(人)
でした。

【料理】
ごめんなさい。料理名を失念してしまいました。また、ほかにスープ1品と食後のドリンクです。
画像のみでご想像にお任せします。
a0001812_1146641.jpg

a0001812_11464897.jpg

a0001812_11477100.jpg


【ワイン】
はじめの泡、大変きれいなブルー(ブラン・ド・ブルー)
このワインは幸せを呼ぶブルーとのことで、お祝いのときに飲まれるそうです。Blanc de Bleu
a0001812_11482881.jpg

色も素敵ですが、味もこの色のようにきれいで澄み渡る。わずかに甘いニュアンス
a0001812_11514824.jpg

2009 NOVICIUS 
この白馬が舞い上がるジャケットも印象的でした。白ワイン
甘口でアルコール度数が低めですので、飲みやすいワインだと思います。
a0001812_1154036.jpg

CHABLIS(シャブリ)の2011
香りが華やかで本格的な白。キリリとドライな感じとお酒自体のキレ味という私の印象
a0001812_11575575.jpg

次のワインはとても不思議
香りはどこかオレンジピールのような、まるでベルギービールを思わせる香りでした。
色もどこかオレンジ色かっかった感。さわやかでこんなワイン飲んだことありませんでした。
a0001812_11594413.jpg

a0001812_11595889.jpg

次は、アルザスはマルク・テンペのロゼ
今は3月、東京近郊ではすでに梅の花は咲いていますが、間お無くやってくる、サクラの季節を先取りするかのようなエチケット。大変おいしいロゼワインだったと思います。
a0001812_1334522.jpg

次は、その瓶の形に一番衝撃を受けた赤ワイン
なんと写真のように斜めに置ける。パニエ要らずの瓶の形、まるでオートバイの部品のようなシルエット
中身も変わっていて、カベルネソーヴィニオンとランブルスコと何か(失念)
a0001812_1314139.jpg


もう少し

次は渦巻きのようなエチケット
コッポラ ジンファンデル カリフォルニアのワイン好きです。
よく見ると、ワンカットごとにダンスを踊っている
a0001812_13164115.jpg


そして最後
私のワイン・・・現場で写真撮り忘れ・・・笑
濃厚なシラーズ ミトロ GAM

全員集合
a0001812_1339371.jpg


最後は、シェフと岡部さんと私たちだけでした。 23時過ぎ(ちょっと遅くなってしまった。)
それにしても、お店のサービスはさすがでしたね~
また開催されることを切に願います。

[PR]

by hyottosai | 2015-03-17 13:42 | ワイン

ペルカルロ [1999]


ペルカルロ 1999をあけてみた
a0001812_1122269.jpg

立て続けワイン会があり、持ち込みワイン選定のため、自宅にて1999のペルカルロを飲んでみました。
品種はサンジョベーゼです。
a0001812_11225674.jpg

さて、開栓してグラスに注ぎました。
香りダメ。
完全に閉じていると思います。時間がかかりそう。
2時間くらいグラスに注いだまま放置してましたら、いい感じになってきました。
かえって最近のヴィンテージの方が早く飲めるのかしら・・・

2日目は・・・
バキュバンで空気を抜いて、冷暗所(今、冬なので涼しいから日が当たらない場所)においておき
翌日飲んでみました。
香り、はしばらくグラスに注いでおいておくと出てきますね~
まだまだ息の長いワインではないかなぁ~と感じました。

ではこのワイン、ワイン会に持っていくかどうか・・・
ちょっと持っていけませんね~

次回の抜栓予定
しばらく、イタリア、スペインを飲んでみたいと思います。
スポルトレッティ ヴィラ フィデリア ロッソ 2002 あたりをあけてみます。

[PR]

by hyottosai | 2015-01-22 10:59 | ワイン

備忘録 (クレルジェ エシェゾー、ペノミロ ジュヴレシャンベルタン カズティエ、コルトンなど)

ここのところ、FACEBOOKに記載しているのですが

a0001812_23565157.jpg
a0001812_23572283.jpg

このイタリアワインは結構コスパよしだと思います。88
a0001812_2358495.jpg

もっとも最近飲んだワイン ランダムリッジ オールドウェイヴ 1999 89
a0001812_23582284.jpg

1月16日の持込ワイン会にて持参したワイン オーストラリアのヘアウッド 2005 89
a0001812_23584478.jpg

友人宅で クラレンドンヒルズ クラレンドンヴィンヤード シラー 2002 95
a0001812_2359087.jpg
a0001812_23593856.jpg
a0001812_00469.jpg
a0001812_002041.jpg
a0001812_003940.jpg
a0001812_01112.jpg
a0001812_012322.jpg


クラレンドンヒルズ
大変うまかったです。

クレルジェ のエシェゾー 1999もすばらしかったです。
[PR]

by hyottosai | 2015-01-19 00:08 | ワイン

2014年7月19日 四ツ谷 NIC で持ち込みワイン会に参加してきた

さて、土曜日は先週に引き続き連続して外出。
今度はワイン会(2014年7月19日 四ツ谷のNICという自然派の食材にこだわったお店)
20~25名ほどでワインを一人1本持参して、いろいろ飲む会です。
ワインだから~詳しくないと・・・なんてことはまったく気にすることなくて、
持ってくるワインもなんでもよしとのこと。
初参加の人も多いらしいです。

いつも、泡ものを持参する人がいるのですが、今回は一人もいませんでした。
やっぱり最初は泡がほしい!
(ってか・・飲みたければ自分で持っていけ!と自分で突っ込みを入れる)

お料理は野菜サラダにパテ?
あとはフリッジのたぶんトマトソースベースの・・
メニューお店の人に聞けばよかった・・

わたくしが持参したワインはこの写真です。
西オーストラリア州の2005年のピノ  赤ワインです。
色合いは薄いワインレッドにグラスに入れると淵が少し茶色ぎみで少し熟成かかった色合い
ちょうど飲みやすくてよかったです。購入したばかりのころは、なんだかアルコールが浮いていて、いまいちバランスが悪いなぁ~と思ったのですが、保管してて正解だった。
a0001812_23370468.jpg

[PR]

by hyottosai | 2014-07-21 23:50 | ワイン

ニーバム コッポラ メルロー 1995


カリフォルニア ナパのワインですが、
ゴッドファーザーなど多数の名作を手がけた、フランシス・フォード・コッポラ 監督
が所有するワイナリーとして、有名ですね。

「ルビコン」というワインがありますが、それはもう。。

でこれは、
ニーバム コッポラ ワイナリーのメルローです。

グラスに注いだ時の色合いは熟成したオレンジかかった色合いでしたが
風味は抜群で良かったです。
これはアタリ!!

若干オリがあったので、バニエに入れてしばらく置いておき、デキャンタしました。




[PR]

by hyottosai | 2013-05-05 00:14 | ワイン

ラ キュベ ミティーク 1998


この1998がいっとき話題になって、
安くてパーカーハイスコアということで大人気でした。

最近あまり見かけなくなった上、価格も値上がっているようです。
当時、1000円とか950円程度だったような記憶があります。

さて、味ですが、まぁ
ピークは越えたけども、飲めますね。
すごく久々に飲みましたが、お手頃ワインとして美味しく飲めた。
1000円程のワインでも美味しいワインに出会えると嬉しいです。

最近、スーパーのプライベートラベルのワインなども美味しいのが多くなってきたなぁ~
という印象です。2Lほどの簡易蛇口つきのパックワインもなかなか美味しいし。
侮れないですね。




[PR]

by hyottosai | 2013-05-04 23:50 | ワイン

CANTICO カンティコ 1999 TOSCANO イタリア


ブラボー !!
これが、カンティコです!!
この頃は確か 250CASESほどで、年産 4000本程度かそれ以下か。







[PR]

by hyottosai | 2013-04-12 23:34 | ワイン

ファルネーゼ エディツィオーネ No11(2009)


パワフル!!
熟したフルーツ、コーヒー

葡萄は
モンテプルチャーノ、サンジョベーゼ、他

ファルネーゼの最高位のワインだと思います。




[PR]

by hyottosai | 2013-04-05 00:55 | ワイン