大和川の弥右衛門 夢酵母

福島県は喜多方の蔵
大和川酒造のお酒です。
かすもち原酒などでは時々見かけます。

喜多方といえば蔵の町、ラーメンの町
私も一度だけですが喜多方へ行ったことがあります。水も綺麗ですしお酒つくりには最適な場所なのではないでしょうか。

大和川酒造 弥右衛門 夢酵母 夢の香米使用
精米歩合 45 % 純米大吟醸

酵母も福島、お米も福島、全て福島です。
実は夢酵母、夢の香を使用したお酒は初めてなのですが、想像していたよりやわらかく、癖が無く飲みやすいお酒でした。

桐箱入り 4合 3000円也
[PR]

by hyottosai | 2004-03-29 20:01 | 日本酒

20日は蔵見学

3月20日は実は以前から見学するのを楽しみにしていた蔵で
千葉県は成東町の梅一輪酒造へお邪魔させていただきました。

ここの蔵は普通は一般の人は踏み入ることが出来ない蔵なのですが、知り合いに従業員の方と顔見知りの人がおり、その方にお願いしてようやく実現しました。♪♪

千葉県は成東町というちょうど九十九里より少し北側に町があります。
成東駅からタクシーで20数分蔵元到着。蔵の敷地と隣にアンテナショップ
あまり東京方面にはお酒は出回ってないと思います。ほとんど地元で消費されるというまさしく地の酒とでも言いましょうか。
石高は2000石弱・・確か製造レベルで1600強といっていたような・・
麹室の中、タンク、薮田、・・・色々拝見しました。♪♪
1時間ちょっとと少しの時間でしたが色々楽しめました。また、業界の色々なお話なども聞け、良かったです。

さぁ・・次はどちらへ・・
[PR]

by hyottosai | 2004-03-22 18:48

義侠 純米吟醸 無濾過生原酒  減農薬米 30%精米

先日から自宅にて在庫していた
義侠 純米吟醸 無濾過生原酒 特別栽培米  30%精米
をいくつか飲んでおります。

美味しいなぁと思ったのは
平成14年3月 蔵出し 13BY  でした。

吟醸グラスに注ぐとトロトロ感覚で、注いでいるときから香りが感じ取れました。
いつまでも残る グラスのふちにつく足
香りは控えめながら、お酒の味がたっぷり入っているような感じで、舌の上にはさまざまな複合的な味わいが幾重にも感じられました。

減農薬米が作られる前 杜氏 が佐藤さんだったころは
純米大吟醸無濾過原酒でした。
12BYより杉村さんが杜氏になったのですが、表記もラベルも少し変わったようです。
味わいも以前よりすっきりしてきたような感じに受けるのですがいいです。

兵庫県 東条町参 特A地区特上米 山田錦
精米歩合 30%
アルコール度数 16~17

一升瓶 12000円~10000円(オープン価格なので多少酒店によって違うケースあり)
[PR]

by hyottosai | 2004-03-17 14:35 | 日本酒

臥龍梅 純米大吟醸 斗壜囲い 13BY

少し滓が絡んでいるような、ないような。。(笑)
滑らかで、後味はすっきり。香りは控えめで。。
大吟醸、純米吟醸山田錦などはものすごく香り高い

裏張りを見ると
純米大吟醸 原酒 静ごころ
となっている。

14BYの500MLの純米大吟醸斗壜囲いの裏張りを見ると
純米大吟醸 原酒 臥龍梅
とかいてある。

想像では香りがつよめなお酒なのでどうかなぁ・・・
と思ったのですが。。。
「これっ 本当に13BY 」
というくらいに新鮮でよかった。

簡単には判断できないですね。
[PR]

by hyottosai | 2004-03-17 14:20 | 日本酒

磯自慢 中取り 純米大吟醸 愛山

ご存知の方は多数いらっしゃいますが、磯自慢も愛山を使用しております。

非常にやわらかい舌触りでクリーミー
同様クラスの純米大吟醸山田錦より、滑らかでやわらかい印象です。
フワッーと香りが広がり、大吟でありながら旨みも兼ね備えたバランスいいお酒
全国区のお酒ですが、やはり静岡のお酒らしいような味がすると思っています。

年一回10月発売

播州三木産 愛山 
精米具合 40%
粕具合  66.5
日本酒度 +3 
酸度   1.25
酵母  自社保存株

4合 4900円
[PR]

by hyottosai | 2004-03-17 14:07 | 日本酒

粕汁とお酒 満寿泉 純米大吟醸 無濾過 寿 (プラチナ)

酒粕を使った料理でいちばん好きなのは
粕汁です。今の時期酒屋、蔵から運良く酒粕がたくさん送られてきたり、お酒を購入するのと共にいただいたりしてますので粕は割とおおめにあります。

今回の粕汁は
獺祭 の粕(どろどろタイプ)と富久長の吟醸粕をブレンドして作ってみました。
また、根菜が好きなので野菜たっぷり入れます。
作り方は非常に簡単で
お湯を沸かし、鰹節と昆布などをベースに出し汁を作成
別容器に入れた粕をあらかじめ出し汁で溶かしておく
大根、にんじんなどの根菜を適当に切る(基本的に銀杏切り)
野菜は他にジャガイモを入れてみたりすることもあります。
また、きのこも欠かせなく、しいたけ、シメジを入れます。
シャケ を適当に切る
次々に入れ、最後に溶かした酒粕をたっぷり混ぜ、
岩塩(モンゴル1億年?の地層から採取したらしい)
醤油適量
を入れます。
適当に沸騰すれば出来上がりです。

粕汁といっしょにいただくのは
満寿泉 純米大吟醸 無濾過 生 寿
通称「プラチナ」と呼ばれているお酒です。
深い味わいに味も濃い目の純米大吟醸、粕汁のようなものといっしょにいただいても負けないパワーを感じました。
[PR]

by hyottosai | 2004-03-08 17:15 | 日本酒

神楽坂で飲む

神楽坂を下りてしばらく歩いたところに
「酒たまねぎや」というすばらしいお酒を飲ませるお店があります。
そこに飲み仲間といっしょに行きました。


松の司  大吟醸 愛山 仕込
美丈夫 純米吟醸 うす濁り
駿  本醸造

つれ
磯自慢 多田信男 純米吟醸
義侠 純米吟醸 山田錦精米40%
駿  本醸造

お通し:豚角煮 こんにゃく(二種類) 煮玉子
注文の肴:お刺身盛り合わせ

お酒で初めて飲んだのは
松の司 大吟醸 愛山
飲んだ瞬間心地よい甘味が広がり、新酒でありながら、この時期飲みごろに近い
ような気がします。

駿 本醸造 
店主いわく 一升瓶で1850円とか・・・ものすごくコスパがいいなぁと
感心させられました。他のお酒とはお値段が全然違うのでうが。。(こちらは280円)
それほど引けを取らないところが凄い。
スッと入り後からジワッと味わいが出てくるような感じ。
こういうお酒を究極の晩酌酒とよびたい。
[PR]

by hyottosai | 2004-03-05 09:33 | 日本酒

田从(田从) 山廃純米吟醸秘蔵古酒 H7

a0001812_12145.jpg
色合いは山吹色
香りは古酒に良く感じる 香ばしく、カレーぽいともいえそうな香り
酸のしっかりしたお酒だと思います。

常温
まあまあ・・旨みが口の中に広がります。

お燗
90度くらいまで上げて 飲めるくらいまで下げます。
およそ42~44℃ほど 温度計で測ったのですが飲んでいるうちに温くなります。
個人的にはぬる燗くらいがいいように思います。

許容範囲なのですが、もう少し香りが穏やかならなお◎
[PR]

by hyottosai | 2004-03-02 12:15 | 日本酒

マルゴー ジェネリック 2000

a0001812_14959.jpg
昨年か一昨年 5~6本まとめて購入したお酒です。
購入したてはまだ渋く、固めだったのですが、
今はある程度丸くなったような気がします。

甘い果実、バナナ・メロンなどに近い香りもしました。
気品があって飲みやすいです。
[PR]

by hyottosai | 2004-03-01 14:10 | ワイン

持ち込みの日本酒会

都内某所にて
お酒を持ち込んで楽しむ会に参加させていただけました。

飲んだお酒
究極の花垣 大吟醸 出品用
龍力 酔うたか武蔵 特別純米
福美人 大吟醸
貴 特別純米生原酒
醸し人九平次 純米吟醸 山田錦 生
酔鯨 純米大吟醸 すっぴん
黒龍 しずく  (お店から)


お通し
お刺身盛り合わせ
鯖の塩焼き
お茶漬け

食べ物としずくで4000円ほど
[PR]

by hyottosai | 2004-03-01 13:50 | 日本酒