新潟の姫の井

a0001812_93353.jpg
皆様ご存知でしょうか。

新潟の姫の井さんのお酒です。
新潟というと端麗辛口というイメージを思いつくかも知れません。
有名なお酒も豊富にあります。

そんな新潟酒の中でも
コッテリしていて、のみ応えのあるタイプです。

左が生原酒 右が火入れ だったと思います。

共にはじめのインパクトは強めで終わりがしつこく残らなく、さっと消えていく
のみ応えのある割に、飲みつづけられるお酒という感じです。
ただ、アルコール度数が感覚より強めですので
蔵元いわく・・・のみ過ぎに注意
とのことでした。

21日の会でごいっしょしました。
[PR]

by hyottosai | 2004-05-28 09:35 | 日本酒

オフ会 21日 

a0001812_201438.jpg
都内山手線内某所にてのオフ会のお酒リストです。
こちらのお店はお酒の持込が可能というすばらしいお店で
よくお酒の会などでしようさせてもらっております。

この日は6人でした。
1人は新潟の某蔵元の方でわざわざこの日のためにいらしていただきました。

自分ではあまり購入しないお酒もあったりしますので好みのお酒発見の場としても
いいですし、みんなでワイワイできるのもいいところです。

時々このような会をしています。
[PR]

by hyottosai | 2004-05-27 20:15 | 日本酒

鷹勇 純米大吟醸 生原酒 斗壜囲い 『楽』

a0001812_10161.jpg自宅にて撮影

山陰地方のお酒としては結構名前が通っている蔵だと思います。
鷹勇(たかいさみ)
芯のあるしっかりしたお酒だと思います。
鷹勇 純米大吟醸 斗壜囲い 生原酒 楽

イサキと鰹のお刺身でいただく
お刺身などあっさりした料理を引き立てる 決して派手ではないですが上品な香り。
すっと喉を通る滑らかさ。邪魔なものが無く旨みを堪能できるお酒だと思います。

吟麗 という純米大吟醸のしずく酒があるのですが、その生タイプだと思います。
(こちらも結構好き)
[PR]

by hyottosai | 2004-05-21 10:17 | 日本酒

仁勇 不動 鍋店株式会社

a0001812_133846.jpg5月15日
千葉県千葉市にて千葉のお酒仁勇を楽しむ会がありました。
もろみ担当、酒母担当の方 専務・社長の4人御見えになりました。
飲んだお酒のリストは写真の通りです。
本醸造、純米酒、純米吟醸、大吟醸、等・・・

その日は18:00から会だったのですが
結局二次会(23:00頃まで)宴会でした。

仁勇の本社は成田山の参道の途中にございます。
途中 鍋店(なべだな)株式会社のショップがありその隣に本社ビルが在るそうです。
蔵は成田よりもう少し先で、佐原の隣あたり。

蔵のHPも在りますので是非ご覧下さいませ。。
(私は蔵の関係者ではないですが・・)

http://www.nabedana.co.jp/
[PR]

by hyottosai | 2004-05-18 13:39 | 日本酒

旭鶴 結

a0001812_131956.jpg純米大吟醸 原酒 超小仕込 で全国で成田の一店舗のみの販売です。

山田錦40%精米で NEW5仕込
価格は何と 税込み4000円
という破格のお値段

まだ飲んでません。(売切れそう。。)
[PR]

by hyottosai | 2004-05-18 13:21 | 日本酒

見学 株式会社 旭鶴 

a0001812_131757.jpg千葉県佐倉市
株式会社 旭鶴
350石という小さな蔵ですが、ご夫婦でがんばっております。
奥様が杜氏で旦那が社長
他社員2名 仕込時期にアルバイトを雇っているとのことです。

蔵に行くと社長自ら親切にお酒つくりについて説明していただけました。
その後蔵の中を案内していただきました。(タンク、槽、・・・・)
仕込時期ではないので蔵の中はひっそりしておりました。
今度冬場に行ってみたいです。

写真は試飲したお酒の一部
10号系と9号系の酵母と最近静岡酵母 NEW5を使用し始めたとのことです。
メールでもかなり静岡の先生のことを尊敬していらっしゃるようでした。

楽しみな蔵です。
[PR]

by hyottosai | 2004-05-18 13:19 | 日本酒

初摘み春陽

a0001812_17323.jpg
春陽というお米ご存知でしょうか。

資料によるとお米のたんぱく質の一つのグルテリン(水溶性たんぱく質)が通常の酒米より少ない品種とのことです。

初摘み春陽
は精米歩合70%の純米酒なのですが
通常の酒米を50%削った大吟醸レベルのにアミノ酸含有量が低いそうです。

以上簡単な説明でした。

この初摘み春陽ですが、アルコール度数は14%ほどに調整されているようです。

飲んだ印象としましては
水のようにすっきり流れるような感じで、なかなか面白いタイプのお酒でした。
よくお酒を飲まれる方には物足りなく思えるかもしれませんが
今までの日本酒がどうしても飲めないというような方におすすめしても面白いかも知れません。
[PR]

by hyottosai | 2004-05-11 17:33 | 日本酒

スキー正宗 大吟醸無濾過生原酒 華 401と402(久々更新)

a0001812_13237.jpg
久しぶりの更新です。飲んでいないわけではないのですが

スキー正宗 大吟醸 無濾過生原酒 華
402を先に開け、後日401を開けました。

前者は香りが落ち着いていて舌触りに邪魔なかんじがまったくなく、するする飲めてしまいそうな本当に軽快でありながら、単に水のように軽いわけではなく旨みもある。
原酒でありながらそれを感じさせないのみ安さ。
凄く旨い。

401
香り華やか。
鑑評会のお酒かも知れませんが、こちらは香りに重点をおいたお酒だと思います。
リンゴ。味わいは清水のように軽やか。少し苦味も感じましたが、しばらくすると苦味は薄れる。
[PR]

by hyottosai | 2004-05-07 13:24 | 日本酒