根知男山の会 

根知男山を味わう会
9月26日 千駄木の稲毛屋さんで根知男山という銘柄のお酒で有名な渡辺社長をお迎えして、根知男山を味わう会が開かれました。

【出品酒】
1.大吟醸 15By 金賞酒
2.影大吟 17By
3.純米大吟醸 13By 特別出品酒
  (蔵元さんのご好意でお持ちいただいた、最後の在庫とのことです。)
4.純吟 中汲み無濾過原酒 仕込み13号「東条山田錦」
5.純米吟醸 中汲み無濾過原酒
6.純米吟醸 「根知谷産 特等米五百万石」
7.純米吟醸
8.白吟 (本生)
9.純米


      1             2              3

      4             5              6

      7             8              9
ユキ猫さんサンキュ。♪
ユキ猫さんのブログ


【本日の料理】
・前菜
・お刺身
・里芋の煮物
・焼き鳥
・きもやき
・豆腐のきのこあんかけ
・長いもの梅肉のせ
・鰻ひつまぶし
・おしんこ




乾杯酒は1の15BY金賞酒でした。
このお酒売っているお店はほとんど無いと思いますが、こういう会だからこそ味わえる逸品。15BYで年数経ってますが、悪い熟成はしてなくて、やわらかく美味しいお酒でした。
他に気になったお酒
4の純米吟醸 中汲み無濾過原酒(麹40-掛50)
すこし微発泡気味でしたが、万能なお酒で原酒ですが、飲みやすい。特に癖は無い方なので広く飲みやすいのではないかと感じました。
6の純米吟醸「根知谷産特等米五百万石」飲んではじめにお酒の旨みが広がり、フィニッシュはキレがよい。アルコール度数17.5、酸度1.7、アミノ酸0.9
少し引っ張るか御燗はどうか。



自家田でお米の栽培もしているという、渡辺社長。醸造家でありながら農家でもあると言う。
お米を育てることからお酒を作ることまで熱くお話いただきました。



稲毛屋
東京都文京区千駄木3~49~4
http://www006.upp.so-net.ne.jp/inageya/


合名会社 渡辺酒造店
新潟県糸魚川市根小屋1197-1
http://nechiotokoyama.cool.ne.jp/



     ひょっとこ!(hyottosai!)




[PR]

by hyottosai | 2006-09-30 11:35 | 日本酒

杉錦 大吟醸 しずく取り原酒

杉錦 大吟醸 名古屋国税局酒類鑑評会・全国新酒鑑評会出品酒



このお酒は昨年のです。
飲んだと思っていたのですが、なぜか冷蔵庫に残ってました。
香りがすごく華やかです。
味も苦々しいところも出てないのですが、昨年よりキレは多少悪くなっているような気がします。(好みの問題で、キレが良いお酒を求める人もいれば、そうではない人もいると思います。)
昨年のうちに飲むはずだったのですが、たまたま冷蔵庫に残っていたという運の良いお酒でした。
昨年はM310でしたが、今年の出品酒はHD-1です。





このブログを掲載する時点で
杉錦 出品酒で検索するとまだ売っているお店あります。

杉井酒造
静岡県藤枝市小石川町4丁目6-4
http://suginishiki.sakagura.info/index.htm



     ひょっとこ!(hyottosai!)



http://phys.exblog.jp/ 日本酒・地酒のブログ お酒の記憶
ブログランキング
お酒の情報→

[PR]

by hyottosai | 2006-09-30 11:06 | 日本酒

仕事も終了

レスは後ほど・・すみません。
いま仕事終了っす。
浜松かぁ~
[PR]

by hyottosai | 2006-09-29 16:09 | 日記

29日 浜松行きます。

急に決まった。
29日浜松行きます。
[PR]

by hyottosai | 2006-09-28 02:52 | 日記

平泉

お酒ではありません。
確かに平泉というお酒は美味しいです。笑

平泉駅から
柳之御所遺跡 - 無量光院跡(通過)- 高官義経堂 - 中尊寺 - 毛越寺
と歩いてきました。
写真はあまり取ってないのですが、とりあえず、中尊寺と金色堂の覆堂は激写してまいりました。

高官義経堂
とても眺めが良い場所で北上川が広く見られます。
義経最後の場所。

おくの細道より
松尾芭蕉の句で「夏草や兵どもが夢の跡」
という有名な句があります。
今では観光地ではありますが、それほど栄えているというほどではないですけど、かつての藤原家の反映、栄華を誇ったと歴史で習ったような気がします。
そして、義経伝説の終焉の地でもあるこの場所。かつての栄華も夢のようで、儚くも感じられる。偉大で、長くて大きな歴史にロマンを感じます。
そして、今この自分が立っているこの一瞬はその偉大な歴史の中では針の目ほどの一部であることも感じます。
その地に立つとそんなとても偉大で壮大な歴史があったことに対する思い、そしてなぜか涙が出そうな感覚にさえなるような気がする。。

なーーんちゃってなんちゃってーー (笑)
あまりまじめなことを書くと実物の僕を知る人はきっと(ぷっぷーー)なんて笑われそうです。(笑)

高官を過ぎて、大きな道路にぶつかるのですが、そのあたり多分国道4号線かな?の片隅に
武蔵坊弁慶の墓?
なる場所がありました。

石碑だけなのでここはさっさと過ぎて、わんこ蕎麦やの誘惑を振り切り、月見坂を上る。

月見坂の途中

月見坂を登ってゆくと中尊寺が右?だったかな?にあります。


現在の金色堂(覆堂)

中にはきらびやかな金色堂があったのですが、撮影禁止です。残念。

旧覆堂 鎌倉時代に風雨から金色堂を守るために立てられた覆堂です。

想像してたより人が多かったです。

適当にぶらぶらと歩いてまた月見坂を下る。

腹減ったころだし
そういえば・・行きたい蕎麦屋があったのだ・・・
4号線を駅方面に歩いてしばらく・・あった「地水庵」・・と思ったんだけど。がーん
終わっているのか休みなのか・・やってない・・・ショック!
ショック半分で毛越寺に行く。
奥州藤原家の二代目基衡が建立(三代秀衡のころに完成)
本当はゆっくり見たかったのですが、バス、電車の時間が気になってきたので、見るだけ見て終了(蕎麦食えんかった・・駅前のわんこでもよかったのだが・・)
バスがちょうど着いてたので、バスで一ノ関へ。

一ノ関では???


ひょっとこ!(hyottosai!)

http://phys.exblog.jp/ 日本酒・地酒のブログ お酒の記憶
ブログランキング
お酒の情報→

[PR]

by hyottosai | 2006-09-28 02:40 | 日記

笠森観音(笠森寺)

お酒日記から外れますが、もうずっとずっと以前に行った千葉県の名所です。

千葉県にある
笠森観音(笠森寺)
といいます。
観音堂は1028年に建立されたらしいです。




岩山の上にやぐらのように建ってます。

まあ、これといって・・なのですが、
ドライブついでに寄ってみました。場所は長南町かな?
[PR]

by hyottosai | 2006-09-24 03:18 | 日記

凱旋門賞

あと2週間ほどで
フランスのロンシャン競馬場で世界一といっても過言ではない
凱旋門賞
が開催されます。

ディープインパクトも海外初挑戦で出走を予定してます。
勝っておくれ~
日本馬も過去にこのレース何等か出走したことありますが、最高位はエルコンドルパサーの2位(海老名騎手)最後モンジューというこれまた超強かった馬にかわされた。

今年も相手は強い。
多分一番人気は
ハリケーンラン
(キングジョージ&エリザベス~賞など・・11戦8勝だったかな?負けたレースもすべて2着)、二番手にはシロッコ
(前哨戦のフォア賞ではハリケーンランを抑えて優勝、昨年のBCターフの勝ち馬)
三番手にディープ
と予想されているようです。

相手はすごく強い実績もある馬
ハリケーンランなんて馬体も筋肉の塊のような馬
とても強そうですが、僕は普通に失敗しないで武さんが騎乗してくれたら勝ってくれるんではないかと。。やわらかくて重い馬場と言われていますが、日本のレースのように、コーナーを回るころから12秒を切るような足で駆け抜けて行ってほしいです。
[PR]

by hyottosai | 2006-09-18 09:43 | その他

『貴』を味わう会

『貴』を味わう会(杜氏:永山貴博を囲む)IN 稲毛屋

山口の蔵元
永山本家の杜氏の永山貴博・・・・ごりさんの方がいいや。(笑)
そう通称ごりさん
僕がごりさんのことを始めて知ったのは、ヤフーのドリンクの掲示板でgorioyaz?でしたか?のハンドルで板を作成したころでした。
貴というお酒が確かまだ無かったころでした。
オフ会もしたような(笑)


この日のお酒リスト

お酒リスト
①花音 かのん 
②純米大吟醸
③斗壜囲い 純米大吟醸 おりがらみ
④純米吟醸 山田錦(火)
⑤純米吟醸 山田錦(生)
⑥純米吟醸 雄町
⑦山廃仕込 純米
⑧特別純米 山田錦
⑨特別純米 雄町
⑩特別純米 山田錦/八反錦
★スペシャル熟成酒 9BY 斗壜取り 純米大吟醸

個人的な好みから
⑤、⑩
あたりが好きでした。

①はりんごや桃を思わせるようなさわやかな香りの発泡酒で山口県限定のお酒
それと大吟醸好きとしては
②、③、★の感想も書かなくては
②、貴としては非常にきれいなお酒だと思いました。やや苦味が後にあるように思いました。
③滓酒でした。やっぱり滓の感じがする。なかなか上手く表現できないのですが、②のお酒より味、香りがある。
★の9BYですが、やっぱり熟成酒だなぁ~という感じでしたが、思いのほかきれいで、無香に近い。
冷蔵熟成ならまだまだしばらく置いても、この感じが続くのかなぁ~なんて思うのですが・・
いかがかな。


今度ゆっくり飲みたいですね♪


     ひょっとこ!(hyottosai!)



http://phys.exblog.jp/ 日本酒・地酒のブログ お酒の記憶
ブログランキング
お酒の情報→

[PR]

by hyottosai | 2006-09-17 15:08 | 日本酒

今週・来週・再来週の予定


本日・・千駄木の鰻の稲毛屋さんに(やべっ!! デジカメ忘れた・・・レポは写真なしだな・・またかよ・・)

明日(16日)・・新桐生へ・・遠い・・ 実は先日行ったばっかり。。霧の街 新桐生

18日・・お酒の会に参加予定(現在最終調整)

19日~21日・・一ノ関へ 多分20日は帰り早め・・といっても夕方にはなるでしょう。。

22日・・橋本へ・・・この日は厳しい・・

26日・・酒店を訪問してからまたまた千駄木の鰻の稲毛屋さんへ

27日・・仕事で山梨は韮崎へ 仕事もし早く終わったら、甲府へ行きたい。


とりあえず
こんな感じ・・
[PR]

by hyottosai | 2006-09-15 16:51 | その他

緑の英君 純米吟醸 静岡県 英君酒造

緑の英君 純米吟醸 生


スペック(瓶裏ラベル)
原材料 米、米麹
精白 五百万石 50%
酵母 静岡酵母 HD-1
アルコール度数 15.5
酸度 1.3
日本酒度 +3

静岡県浜松市の浜松の丸味屋さん
にて購入しました。

先日丸味屋さんから到着した春に発売される緑の英君の生タイプです。
到着して、しばらく安置させて飲んでみることにしました。

封を開けて、静岡のお酒だなぁ~という香りが心地よい。
華やかな香りではなく、なんて表現したらいいのか難しいですが、
よく、HD-1というとメロンのようなバナナのようなというとそのままを連想するとちょっと違うと思うのですが、そこまで甘さが目立つ香りではないと思います。
食中のお酒としていただけると思います。
写真のように緑瓶に緑のラベル。
自然の中を連想させるような美しい瓶。
ゆっくり飲みたいと思います。

先日、静岡地酒祭り IN TOKYOに行ってきました。
英君さんのブースに行って、この緑の英君の火入れタイプでしょうか。
飲んでまいりました。
どうしても、大吟醸などもあるので、そちらに目が行くのですが、しっかり吟味してまいりました。

そこで自宅に届いた生のはどうなっているのかな?
と思って、その後開けました。
生・・・今飲んでも大変すばらしいのでちょっと驚き。
丸味屋さんのお酒の保存の良さがわかります。





丸味屋酒店
<静岡県・全国銘酒処> 丸味屋酒店
静岡県浜松市城北2-23-17
http://www2.wbs.ne.jp/~marumiya/

英君酒造
英君酒造株式会社
静岡県庵原郡由比町入山2152
http://eikun.fc2web.com/



     ひょっとこ!(hyottosai!)



http://phys.exblog.jp/ 日本酒・地酒のブログ お酒の記憶
ブログランキング
お酒の情報→

[PR]

by hyottosai | 2006-09-15 07:42 | 日本酒