静岡の橋詰さんでお酒の会


静岡でお酒の会
行ってきました。静岡まで。
静岡で飲みたいね~というような話をしていたのですが、なんだか予想より大きくなってしまってうれしい限りです。笑
忽之斎。は千葉県民なのですが、実はこの日は休日でしたけど仕事が重なってました。しかも茨城県はかすみがうら市という場所・・朝ちょーーー早い時間から出立して、何とか昼ごろ、遅くても2時ごろには終えたい。笑
・・・だって東京まで2時間近くかかるんだもん。
まあ、計画では13時に終わる予定で何とか終えました。
その後・・東京まで戻って、電車で静岡へ移動。
新幹線でしたが、途中三島あたりで下車。まだ時間もあったことだし、海もきれいだったので各駅電車で移動してみました。
まあ・・三島は静岡県だよね~
各駅電車でも1時間くらいでつくのかなぁ~
なんて思っていたら甘かった!
静岡県は東西に長い。予想以上に時間がかかりました。
海を見ようなんて思っていたら、意外と込み入るのね・・・・
途中学生らしき集団が多数乗ってきてとてもにぎやかでしたし、座席には座れたのですが、両隣のおっちゃんと多分帰省じゃないかと思われる大きなバックを持ったねーさんにもたれかかられ・・・
ゆるりと電車にのってこようなんて思ったら意外と疲れちゃったのです。(笑)

そんな雰囲気の中1時間を見込んでいた各駅電車のひと時が1.5時間くらいかかってしまいました。
静岡駅には18時頃到着したのですが、何とか静岡の会を世話してくださった方と合流しました。
会場は静岡駅の新幹線などの改札もある大きな改札を出て右。バスロータリーなどもあり、一応開けている方の出口になるのかな??
を出て徒歩10分かからないくらいの場所にある場所で
橋詰さんというところでした。

会場について、
すでに何名かの方がいらしてたのですが同じく東京方面組みの吟醸番さんと珍味んさんがすでにいらっしゃる。とりあえず顔見知りの近くに座って話しを聞いたところ
すでにこの会場に来る前にあるお店に寄ってきたみたいでおつまみやお酒をたしなんだそうです。笑
「え~凄いですね~今日はたくさんお酒が出るみたいですよ~」
などと話していたのですが、その日本酒に対する愛情は尊敬してしまいます。

そんな感じでお話しながらしばらくしたら会の開始。
この日は酒屋さんやお蔵の方もいらしてて盛大なお酒の会になりました~
丸河屋さんの河原崎さん。
杉錦というお酒を醸している杉井酒造杉井社長。
君盃というお酒を醸している君盃酒造の市川社長。
萩錦というお酒を醸している萩錦酒造の萩原専務。
といったどちらかの会で時々お会いするようなお酒関係者も参加されました。
乾杯の挨拶は杉井社長がしてくださるそうで、杉井社長の発声から宴会開始



相変わらず写真撮影がとても下手でタイミングがイマイチなのですが・・おそらくお話されている最中か、乾杯のタイミングをはずした(笑)ところです。(爆)ちなみに目に一番目立って写ってしまった河原崎さん。と奥でご挨拶されている杉井社長。。


蔵の人が参加されるとあればその蔵のお酒を飲まなくちゃ。
いろいろでましたよ~
お酒リストがコレなんです。

なんと・・
ちょっと文字がつぶれておりますが
参加人数の頭数くらいのリスト・・・
さらにリストの下に・・・
”その他他の銘柄が出てくるよてい”
とある!


す・・す・・すげーー参加者はおそらく20名ほどなのですが・・コレほどのお酒の種類が集まると本当に大きな会レベルだと思うんです。
よく集めました!笑
で・で・
乾杯のお酒は・・・・こちら・・・しかし・・(笑)

乾杯の予定酒を間違えちゃったんだって~!!
それは後から出てくる、もう少し別の瓶だったようです。
同じ純米大吟醸なんですけどね♪
でもでも・・このお酒、美味しいですよ~



もう飲んだ順番や出てきた順番は無視します。
蔵元順に載せちゃいます。

【杉井酒造のお酒】
杉錦 純米大吟醸 斗壜囲い・・・・さっきの乾杯酒にも裏に同じような記述があるのですが
こちらを乾杯にしたかったそうです。
だって・・これ・・
杉錦 純米大吟醸 斗壜囲いの出品本斗壜酒らしいです。そりゃ乾杯酒にしたかったわけだ。
裏ラベルもつけちゃいます♪


杉錦 大吟醸 斗壜囲い こちらも裏ラベルもつけちゃいます。えーーーこちらも出品本斗壜でしたっけ??瓶の色形は同じですしR瓶ではあったと思いますが・・


杉錦 純米大吟醸 生酛 裏ラベルがあったのですが、こちらからはHPにも掲載されているので裏ラベルは省略します。


山田の麹40% 掛50%の純米大吟醸
メロンのような香りがして冷で美味しい生酛という感じです。
美味しいです。
生酛純米は去年もあったのですが、今年純米大吟醸をチャレンジしたとのことです。



杉錦 純米吟醸
兵庫山田錦100% 
50%精米の純米吟醸です。
*εзゥレ(*・ω・*)チィεз*
ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ



杉錦 山廃純米酒 誉富士 精米90
精米歩合90%の純米酒は去年も醸してましたね。
今年は誉富士で。
そして山廃でチャレンジ。。
個人的には、昨年のより好きです。
味に複雑さがあってよいように思うのですが。



【萩錦酒造さんのお酒】
萩錦 大吟醸 静岡出品酒   HD-1
萩錦 大吟醸 名古屋・全国出品酒 M310
萩錦 特別純米酒 登呂の里 (写真未撮影)

写真のお酒の他にも登呂の里という特別純米酒と確か他に・・・利酒用で南アルプスというお酒が出ていたかと思います。
大吟醸は静岡用と名古屋・全国用で酵母を使い分けてますが、その違いが良く分かります。
当然どっちも美味しいお酒です。

【君盃酒造さんのお酒】
君盃 大吟醸 斗壜囲い
君盃 純米大吟醸
君盃 純米吟醸 さくら(写真未撮影)
君盃 特別純米 天領の瀧(写真未撮影)
君盃 特別本醸造木枯らしの森(写真未撮影)
写真は大吟醸と純米大吟醸しか撮ってませんでした。
何年か前のお酒の会で始めて知った蔵の一つなのですが、昨年の静岡地酒祭りIN東京で社長と若をはさんで半被を着た写真がなぜかあるんですよね~(笑)
名古屋局用の出品酒らしいです。
香りがとても華やかで軽快な印象を受けました。
斗壜囲いなので当然少量の生産なのであります。。
山田錦40%精米。。
★・・━━シァ━\(〃´ω`〃)))━ヮセ━━・・★


続いて大吟醸なんです。

ここに書かれている
”勧君更尽一杯酒”
君盃というお酒の名前はここから来ているそうです。
理系のわたくし・・あまり古文・漢文は分かりません。。中国の王維の有名な詩のようですが・・


・・・・・・
・・・・
・・

他にもたくさんのお酒が・・

正雪 大吟醸
開運 波瀬 正吉 無濾過生 斗瓶囲い

などなど。。


静岡のおでん
黒いはんぺん
料理の写真がお留守になってしました。
お刺身。桜海老の天ぷら・・・
静岡は酒王国でもあり、料理も美味しい。







ひょっとこ!(hyottosai!)

[PR]

by hyottosai | 2007-05-17 01:01 | 日本酒

天狗舞 山廃吟醸 生酒 / お酒の記憶


天狗舞といえば、名杜氏の中三郎
そして、得意の山廃仕込
というイメージがまず浮かびます♪
今回は天狗舞のシリーズでも生酒をご紹介です♪
天狗舞の知っている生酒は・・・旨吟の生酒とこの吟醸生(原酒)、大吟醸中三郎、山廃純米大吟醸、純米大吟醸の雄町くらいなのですが、他にもありましたっけ????



天狗舞の特徴として、香りはそんなに強いタイプのお酒は無いのですが、どっしりしたタイプが多くて、食事との相性も良くてそれでいて、お酒だけでも飲めそうな感じ。
(一般的にお酒だけで飲めるという、華やかな明らかに大吟醸です!というタイプはそれはそれでいいのですが、個人的にはそこまでは好まないのです。あんまり香りが高いタイプだとお酒だけで飲めるとは言え、そればかりも飲めない。本当に1,2杯勝負なんです。。)

デパートやスーパーで見かける(個人的には一番見るので・・)山廃純米よりは複雑さは感じないのですが、吟醸というだけあって、洗練されているというか、いい意味では雑実が少ないという表現があっているように思います。
・・反面、山廃純米も個人的に時々飲みますが、味の複雑さはありますし、いい意味で捉えるかそれは個人差なんですけど、個人的に後味もなかなか素敵・・
まあ、天狗舞の吟醸ともなればさすがに旨いっすよ。


ひょっとこ!(hyottosai!)


[PR]

by hyottosai | 2007-05-16 00:30 | 日本酒

総武線沿線 居酒屋 地酒豊富 日本酒豊富・・・・

そんな居酒屋、隠れたお店などないかなぁ・・・・

総武線沿線・・・居酒屋は多いですが、日本酒や地酒にこだわったお店がとても少ないように思う。。未だ満足いくお店発見できず・・

狙うは
美味しい日本酒を適正価格で提供してくれるお店。。
なかなか満足いくお店が無いんだよね・・


適正価格とか豊富というのは置いておいて
・地酒が数種類あったり
・このお酒にこだわっている。しかも美味しい
・料理が美味しくて、お酒にもこだわりを感じる
・・・・・
といった個人的に思うというお店がありましたら、ご紹介してほしいなぁ・・・・
突撃しますので~
[PR]

by hyottosai | 2007-05-15 18:44 | 日本酒

十四代 中取り純米吟醸 播州山田錦 / お酒の記憶



先日、我が家の秘宝??
十四代をくじらのたれと共に~                   ワクワクq(・ω・。q)o(。・ω・。)o(p。・ω・)pワクワク


香りもあり
味もあり

きれい過ぎず、いろんな感じを口の中で受ける・・・
など・・・とおもいまちた。
あんまりにもきれい過ぎると、つまらないような感じもすることもあるし、そうおもうと香りや味のバランスのよさが良いんでしょうぅぅ。。
個人的に、純米は純米、大吟は大吟、純米吟醸は純米吟醸としてみてしまうんですよん。。

でもねね。。
数ある日本酒。
結構多くの種類を飲んできてるけどね。。
十四代ってなかなか売ってないし、「売ってくださーい」みたいなことを願いするのも気が引けちゃうんで、購入できなかったらそれはそれでしょうがないし、あきらめますけど。
美味しいと思いますし、人が注目しているお酒は気になるし、ネーミングに弱い。。笑
そんなあたしって!笑




     ひょっとこ!(hyottosai!)




[PR]

by hyottosai | 2007-05-14 23:36 | 日本酒

くじらのたれっていうんだよ。



これ。
くじらのたれ
っていうんだよ。
頂き物なのですが食べてみよう。
ベーコンがすこし硬いような感じで、脂身はほとんど無いんだけどね。。
食べやすいようにきってお皿に盛り付けてみました。

味付けにもよるんですけど、ちょっとしょっぱいような甘いような感じでした。
千葉の名産なのです。
時々、ドライブや釣りで南総の方に行くことがあるんですけど
お土産屋でよく目にします。

おやおや・・
おでんくん

のりたまのぴよちゃん
がやって来たよ。


おでんくん:「なに~これ~」
のりたまのぴよ:「これはね。。くじらのたれって言うぴよ」
おでんくん:「くじらのたれ・・ひげじゃなくて??たれなんだ。。」
のりたまのぴよ:「軽くあぶってたべると美味しいぴよぴよ」
おでんくん:「ちょっと食べてみようよ」
のりたまのぴよ:「どう~ぴよ?」「美味しいぴよ?」
おでんくん:「おつまみになるね~。。やっぱり今日も飲もうかな・・・」
のりたまのぴよ:「・・・・・・のむぴよか??」
おでんくん:「大丈夫・・明日休肝日にするから」
のりたまのぴよ:「・・・・・・」





・・・・さてこのお酒は・・・つづく

     ひょっとこ!(hyottosai!)



http://phys.exblog.jp/ 日本酒・地酒のブログ お酒の記憶

[PR]

by hyottosai | 2007-05-09 07:29 | グルメ

千葉県のお酒の会

この日は実はいろんな会と重なっていて・・・困っていたのですが、近場の会にしました。
他のメンバーはその後、
千駄木の稲毛屋さんに行ったり、大森の吟吟に行ったりしたようです。

月桂冠 大吟醸 大賞 金賞受賞酒 35%精米
ちょっと熟成したような感じがしましたが、さすがにそつがないというか個人的にここがすごい!というよりも、そつない。そんな感じがしました。そこがすごいところなんですね♪(きっと。。)


敷島盛・・すみません。。まったく知らない銘柄でした。
多分・・本醸系の生原酒ではないかと。。よく素性がわからないです。
埼玉の有限会社日野屋商店という蔵のようです。


正雪 吟醸おりがらみ
唯一の滓酒でした。そんなにどろどろしてなくて、うっすらとささにごりという感じです。


桜花吟醸 出羽桜です。
山田錦の桜花がでて初年度のお酒とのことです。
まだしっかりした面もあるような気がします。それほど熟した感じはしませんでした。


池月酒造株式会社の三島文雄 大吟醸斗瓶囲い 滓からみ
お値段は安いです。滓からみなので斗瓶囲いとは言え、滓引きした滓の部分のことなのかな??やや甘めですね。。


醸し人九平次 別誂(べつあつらえ) 純米吟醸 
このお酒、古酒なのですが、今回のお酒の中で個人的には一番好き。
それほど古酒っぽくもなくて、やわらかくやさしさを感じました。


車坂 純米大吟醸 兵庫特A産山田錦
特A産・・特A地区ですね。A地区とかB地区とか
お米にも特上米とかありますね。。
特A産なので、良い地区のお米なんですね。車坂・・父のふるさとのお酒です。

[PR]

by hyottosai | 2007-05-08 01:34 | 日本酒

酔鯨 つるし斗びんとり 大吟醸40%高知酵母



高知のお酒だよ~


書いてあるので
40%精米で
高知県の酵母なんだろうね。

4合瓶なのですぐに飲んじゃったよ。(笑)
すごく香りが華やかで
口に含むとほんのり甘みを感じました。
うんうん。。美味しいや。
実は去年のお酒なんですが、全然へこたれてないや。
後味もよしよし。



ひょっとこ!(hyottosai!)


[PR]

by hyottosai | 2007-05-06 15:43 | 日本酒

栃木のカクテルトマト



栃木の美味しいトマトです。
その名も
「カクテルトマト」


第44回
農林水産祭
中区総理大臣賞受賞
だって~!!
おいしそうでしょ?
ちょっとお値段も500円くらいだったので、普通のトマトより高めだと思うのですが、手に取ったときの重量感。
いかにも見るからに味が凝縮してそうな感じだったので買っちゃった。(笑)


1房になっていて、実もまっかっか。
大きさはね
卓球の玉より一回り、二回り大きいかなぁ~

食べてみました。
ぎゅぎゅぎゅっとした凝縮した感じで
程よい甘さ、酸味のバランスが良いです。
美味しいよ。
売ってたらまた買ってみよっと!


ひょっとこ!(hyottosai!)


[PR]

by hyottosai | 2007-05-02 22:45 | グルメ