飲まれるべくして・・・初孫 大吟醸 平成14年度全国新酒鑑評会金賞受賞酒



山形県酒田市の東北銘醸株式会社の初孫です。

本当は今、飲もうとしてあけたお酒ではないんです。
冷蔵庫を開けたらですね。。飛び出してきたんですよ。
で、床に落ちて、キャップが曲がった。
「えーーーキャップが外れた??」 なんてはじめ思ったのですが、漏れてないし。
しかし、キャップの変形のしかたが半端じゃない。
1/3くらい斜めに浮き上がったような感じ。
しょうがない。中身を確かめよう。(瓶が割れてなければ飲んでしまおう・・早いほうがいいよな・・・)
かなり心配でした。金色のスクリューキャップでしたが、キャップが内側と外側の2重構造になっていて、内側は問題なくて、外のプラスチック部分がずれて浮き上がった感じになっていました。
とりあえず、上から「ポン!」ってたたいて直しました。

本当はこの日飲む予定ではなかったのですが。。あけちゃったからなぁ。飲んじゃおう!
このお酒は
山田錦 精米歩合35% 日本酒度2.0 酸度1.3 と裏に書いてあってもちろん大吟醸なのですが、初孫さんは大吟醸でも古酒などが有名なのかな?
(古寺巡礼とか仙寿とかこのクラスの大吟醸も5年?熟成酒?古酒?秘蔵大吟醸?としてはあるようです。)
当時、2,3本買って、1本だけ残してました。
まあ、飲んでしまうのが少しもったいなかったのですけど。

で、飲んでみて
一言。超きれい!
美しいとはこんな感じなのかな?と思えるお酒でした。
お酒だけあれば、他いらん。そんな感じです。
でも、水とかそんな感じでもなくて、なんていったら良いのかわからないですが、味が大きくついているというか、繊細で、細かな範囲でフルーティだったり、ちょっと寝た感じもするにはする。きれいというのは、口の中を流れるときもそうなのですが、後味がきれいでもあるのがよろしい。

でもなんかこういう事故で飲むというのも、もったいないようなきもするし、でも美味しいって思えたからとてもよかったような気もする。



ひょっとこ!(hyottosai!)


[PR]

by hyottosai | 2007-10-28 15:54 | 日本酒

ドミニクローランのラ・トープ


99まだ残ってました。
香りよく、色調は濃い目。
味は薄っぺらではなくいからお気に入り。

前回飲んだのは05年だったかな?
[PR]

by hyottosai | 2007-10-27 01:28 | ワイン

現在 長野県 千曲市

こんにちは♪

現在千曲市に着ております。

ひたすら電車待ち。
仕事中ではあるのですが、次の訪問先に行く途中で電車待ちです。
50分ありません・・・・

出張
私の会社、出張という文字はないのよ。手当てがないので大変楽しくない出張です。
朝早くでないといけないんだから、そんした気分ですよ。

海外ですと手当て出ますけどね。。
[PR]

by hyottosai | 2007-10-25 14:48 | 日記

今日は・・・・・

東京-宇都宮-片岡-黒磯-新白河
と移動・・

白河で宿泊です。
白河・・・夜ご飯どこで取ろうか・・・
白河といえば・・・ラーメン??白河そば??
くらいしか思い浮かばない

どこか夜食べるところないかなぁ~
なんて思いながら、散策・・今日は寒い夜だなぁ。
お店はちらほらあるはある。
しかし、いまいち
結局 幸楽苑にいきました。(爆)
初幸楽苑

わざわざ遠出しているのに、チェーン店のラーメン屋かぁ~
と思ったのですが、意外とおいしかった。笑
かなりあっさりしたスープで食べやすい。しかも安い。

今夜は寒いので、あったかいものを選択して正解。
[PR]

by hyottosai | 2007-10-16 21:10 | 日記

臥龍梅 大吟醸 斗壜取り 蔵熟成・・さらに熟成

静岡県静岡市の三和酒蔵さんの臥龍梅
大吟醸 斗壜 の
製造 平成13年
蔵出し 平成15年 10月
というお酒です。


以前2本くらい購入して、1本はすぐ飲んだのですが、一本冷蔵庫から出てきた。
いまなお香り高いお酒です。

実際の臥龍梅ってどんな木なのかな?
今度清水に行く機会があったら実際の木もちらっと見たいです。
梅の木
[PR]

by hyottosai | 2007-10-13 08:45 | 日本酒

お酒って美味しいなぁ~


僕は 日本酒かワインしかほとんどのまなかったのですが
人の出会いとよく似てて、一期一会だと感じます。

美味しいお酒に出会うと

幸せですよ。

心躍ります。
[PR]

by hyottosai | 2007-10-09 00:51 | 日本酒

秋の酒樂の会

こんばんは!忽之斎。(hyottosai)です。
本日の日記は、9月下旬のことなんですが、千葉市で開催されました「酒樂の会」に参加して来たときのお酒の記憶です。
千葉のシマヤさんというお酒屋さんがあるのですが、そちらのお客様が幹事として開催する会です。
申し込みは16号店というお店があるのですが、そちらへ申し込み。

ちょうどこの時期美味しくなってくるお酒などもあって楽しみにしておりました。
本来イエロー・・いやレッドカード物なのですが、開催日の当日に申し込みしました。
お席の数、お料理の都合などもあって大変ご迷惑をおかけします。
さらに、なかなか平日ですと、開始時刻に到着できなくて重ねてご迷惑をおかけしました。
すみませ~ん。

遅刻したせいなのですが、
お料理の写真が間に合いませんでした。
お酒のお写真だけなのですが・・こんなお酒をいただきました。


千葉県御宿の岩瀬酒蔵さんの岩の井
山廃純米吟醸 昭平庵
昭平庵というのは社長のお父様が昭平さんというお名前とのことで、そちらからついた名前とのことです。大変旨い味のするお酒でした。
岩の井と聞くと山廃、古代米、もち米、熟成酒かな。
そういえば、杜氏さんが代わったとか聞きましたが山廃が得意な方なんですよね。。





長野県佐久市にある伴野酒造さんの
澤の花 純米酒
ひとごごち(新美山錦)
蔵のHPがあったので、引用しちゃいます。

----------------  以下
商品名: 澤の花 純米 ひとごこち(火入れ)
原料米: ひとごこち…長野県産
原材料: 米・米麹
精米歩合: 麹米60% 掛米60%
使用酵母: 9号系酵母
アルコール度: 15度以上16度未満
酸度: 1.6
アミノ酸度: 1.2
*限定商品
希望小売価格: 1.8L詰 2,300円(税込)

コメント: 澤の花 純米 ひとごこちの通常商品です。生原酒商品よりも落ち着きが増し、バランス良く味わいのある商品になっていますので、ゆっくり長く飲んでいただけます。気の合う仲間と楽しみながらお飲みいただけたら・・・と思います。山菜などの山の幸に良く合うお酒です。(長野県の大自然を想像しながら…)
----------------  ここまで




山形県羽黒町 亀の井酒造 さん
くどき上手 雄町 純米大吟醸 44%精米
今回は雄町ですが、こちらの蔵もいろいろなお米の商品があります。
山田錦、亀の尾、雄町、酒未来、出羽の里、愛山、美山錦、紫小町?かな?
いろんな種類のお酒があるので、いろいろ楽しめます。
また、氷結濃縮法でつくったお酒も最近でてきました。
(こちら・・まだ飲んだことありません。機会があれば飲んでみたいです。




福岡 の喜多屋さんのお酒です。
かなり年数たっているお酒だと思うのですが、そんなに古酒っぽくなくてすいすい飲める。
大変珍しいお酒ですし、美味しいし、幸せです。
純米大吟醸 斗壜取り 原酒なのですが、スペックは画像の通りです。
とにかくこのお酒は美味しかった。




秋田県 齋彌酒造店さんの屋号
角太らべるの大吟醸酒です。
恐ろしく美味しいお酒なのですが、こちらのお酒来年もあるのでしょうか。それが一番の心配。
以前・・純米大吟醸をブログに載せました。角太 純米大吟醸




千葉県成田市に本社がある、鍋店さんの「不動」シリーズ
秋田こまち 純米大吟醸 吊るし搾り
秋田こまちのお酒が千葉でつくっているのか~
やわらかくて、まろやか。後味が上品?という感じです。
・・ところで
秋田こまち ??
秋田酒こまち ??
あたしは後者で聞きなれているのですが・・




熊本の 千代の園さんの
本流九号 純米吟醸
本流九号というのは、9号くまもと酵母と書いてますが、熊本酵母という意味でしょうか。
180本限定・・・限定という文字に弱い。
・・・あっ お酌していただけるの?・・・ってよそ見てるか。笑。



まあ。いろいろ飲みました。
お酒が余ったので、岩の井の山廃純米吟醸をいただいて帰ってきました。
半分くらい余っとります。
ひょっとこ!(hyottosai!)


[PR]

by hyottosai | 2007-10-07 18:40 | 日本酒

利酒選手権

どもども忽之斎。(hyottosai)です。
昨日はとても疲れていたので、帰宅してあっという間に寝てしまいました。笑
仕事なんですが、久々に超疲れました。
何日も疲れが蓄積したり、睡眠がここ何日か平均2時間程度になったのですが、体中のあちこちが痛くなったりするんですね。


まあおいておいて、
昨日メールで、知り合いから
「利き酒選手権静岡代表になっちゃいました」
とメールが届いておりました。
おめでとうございます。
しかし・・・あなたは半分プロ(爆)あの名詞を見ると・・笑

知り合いで結構代表経験者がいらっしゃるのですが、
自分は・・・・と聞かれます・・

僕は・・・・利き酒能力ありませんから~


ひょっとこ!(hyottosai!)


[PR]

by hyottosai | 2007-10-02 08:40 | 日本酒