静かに飲む楽しさ

静かなに飲む
少人数で静かな居酒屋で飲みです。
お店のご好意でお酒は持ち込み、
1:越の華 大吟醸 斗壜囲い 金賞酒
2:臥龍梅 純米大吟醸 斗壜囲い 14BY R瓶

1は今年のお酒で2は普通の温度で熟成させた14BY
肴はお刺身お任せ (マグロ 中とろ、大トロ、カンパチ、鯛、烏賊、〆鯖)
サラダ
ハマグリ揚げ
マグロぶつ
サービスで烏賊わた醤油つけ?
だけだったかな??笑

1からのみはじめる。
香りは思ったほど強くはなく、飲みやすい。少人数だったので何杯も飲めました。
初めはやや渋さがあったのですが、温度などが変化するに従いとても滑らかになりました。
くせなどはほとんど感じられず、面白くない人には面白くはない味かも知れませんがするする飲めるタイプが好きなもので、とても美味しかったです。

2のお酒はちょっと不安だったのですが、香りは落ち着き、やや熟成している香りがするけどまったく悪くないのには驚きました。
味わいは本当に滑らかそのもの。旨かったです。
臥龍梅といえば、大吟醸だと香りかなり華やかで寝かせることには向かないのでは??と思っていたのですが純米大吟醸はどうも違うのでしょうか。

お店の人にもそれぞれ一杯ずつ飲んでいただき、満足していただきました。
2はどうかなぁ?っと思ったのですが、飲んだ瞬間「おいしい!!」って驚いて下さったので嬉しかったです。

いっしょに飲んだ人で
「今度、義侠の妙を飲ませなさい。」
と言われ、ちょっと返事に困りました。(笑)

[PR]

by hyottosai | 2004-12-02 11:36 | 日本酒